地域連携プラットフォームとは

沖縄県では、若年者の厳しい雇用情勢を改善するため「若年者の就業意識の向上」の取り組みに力をいれています。 その効果的な推進や目的の達成には、地域において企業・学校・行政・地域団体等の幅広い関係者が課題を共有し連携することが重要であるとの観点から「沖縄型産学官・地域連携グッジョブ事業(地域型就業意識向上支援事業)」を展開し、地域における産学官・地域連携協議会の設置を促進し、地域連携協議会等が行う地域のニーズによる就業意識向上の取り組みに対し支援を行っています。
また、産学官・地域連携協議会等が効果的な取り組みを継続して実施するため、協議会間のネットワーク化や先進事例の紹介を通して地域の課題解決を図るとともに、協議会等に配置されたコーディネーターの人材育成や協議会の立ち上げ支援を行うことを目的に地域連携プラットフォーム事業を展開しています。

●●●地域連携協議会とは●●●

地域が主体となって、地域のニーズにあったキャリア教育を、 産学官・地域・家庭が連携してすすめていく機関です。
地域連携協議会とは、産業界・教育機関・行政・地域・PTA等、地域内の様々な関係者と連携し、地域のニーズに合わせた子どもたちの就業意識向上に向けた独自の取り組みを実施するための機関です。
これまで各地域の商工会・教育委員会・行政等が地域連携協議会を立ち上げ、産学官、地域、家庭、企業等多くの関係者を巻き込み、地域の就業意識向上につながる取り組みが行われ、平成23年に5市から始まった地域連携協議会は、今では20の市町村に展開しています。


●●●地域連携プラットフォームとは●●●

地域連携協議会等の発展を支える大きな輪。
地域連携プラットフォームは、地域の協議会等が必要な取り組みを継続して行うために必要なサポートを行います。



地域連携プラットフォームとは|地域連携協議会とは