グッジョブ!うらそえ!グローカル育成事業報告会と地域型キャリア教育シンポジウムにおじゃましました。

おはようございます。事務局の野中です。

少し前になりますが、浦添市グッジョブ連携協議会主催
【グッジョブ!うらそえ!グローカル育成事業報告会と地域型キャリア教育シンポジウム】に参加してきました。

 

パネルディスカッション登壇者

・浦添市グッジョブ連携協議会 会長 
 沖縄国際大学 経済学部 教授 名嘉座 元一氏
・浦添市長 松本 哲治氏
・浦添市教育委員会 教育長 嵩元盛兼氏
・一般社団法人おきなわキャリア教育支援企業ネットワーク 
 代表理事 添石 幸伸氏
・浦添工業高校 校長  玻名城 功氏
・浦添商業高校二年 島袋響さん 大城芽衣さん 首里高校二年 保久村聖香さん
・琉球新報 記者 東江 亜季子 氏
・グラフィックレコーディング 室伏長子 氏
・英語講師 大塚彩乃さん
・司会 与那覇素弓さん  平田義人さん

 

司会進行と別にグラフィックレコーディングという手法で話せれた内容を即時にまとめてくだっておりました。

 

高校生と市長、教育庁や地域団体が隣り合わせに座り、同じテーブルを囲み、浦添市の教育をそれぞれの立場から話し合う素晴らしい機会でした。

 

嵩元教育長は、「予算が生きている。やってよかった。」と述べた上で、「社会にでたらもっとドキドキできるので、社会にでることを期待してほしい。」と話されていました。

松本市長も「急速に変化する社会において、プログラミングや英語も含めた学びを行い、グローバルな視点を持つことの大切さ」や、

「キャリアを考える上で学校外での学びの大切さ」に触れていました。

 

このように、協議会の活動を、関係者や市民の方々と共に考えて、発展させていくことの重要性を改めて考えさせられました。

このような舞台を演出した浦添市グッジョブ連携協議会の皆さま、遅くなりました、おつかれさまでした。